家庭教師の
      選び方

トップページ

 

メニュー

家庭教師とは
家庭教師の利用法
教師探しの手段
塾向きか、家庭教師向きか?
訪問販売法
お問い合わせ
 

家庭教師とは


皆さん学生の頃に家庭教師を利用されたことはありますか?

我が子を学校以外の場所、塾や家庭教師に依頼して成績向上を考えるのは親御さんにとっては当然のことです。
東京の有名大学に入って、いい企業に就職して欲しいなどお子さんに期待をするのも当然ですよね。その中でも、家庭教師と言うのは一般の学習塾とは違ってマンツーマンで指導してくれるし、環境にもよりますが大体が家庭教師の先生が自宅に来て勉強を教えてくれるので、塾のようにわざわざお子さんが通う必要がありません。
また、自宅ということでリラックスして勉強に集中できるのも塾とは違った大きな特徴です。とはいえ、利用したことがなければ分からないことも多いはず…。

家庭教師を利用してみたいけどどうやって探せばいいのかわからない方や、
料金や契約のことを詳しく知りたいという方も、ここで詳しく解説していきますので
ぜひ見ていって下さい。

このサイトは家庭教師推奨サイトなのでひとまず家庭教師について触れたいと思います。
まず家庭教師というのは、小学生から高校生を対象にして、
家庭で勉強を教えてあげる人のことを言います。当たり前過ぎますね。

塾などと一緒で、学校の授業で分からなかった時の手伝いとして、
または自分が目指している高校や大学の受験に合格するための指導として
お願いされることが多いです。特に受験勉強での需要が多いと思います。

大学生や社会人がアルバイトで行う場合の他に、職業としてる場合もあります。
いわゆるプロの家庭教師ですね。

日本では、家庭教師センターという派遣会社が主で、
この会社が家庭教師を仲介したり、家庭教師を派遣している場合がほとんどです。

その他には、教材を販売している出版社が
家庭教師のサービスをしていたり、個人で生徒を募集しているものもあったり、
インターネットを使って個人と契約する情報サービスもあります。

たくさんのサービス形態がありますが、小、中、高校生の受験や
補修が目的の学習サービス全体でみると、家庭教師の割合は数%くらいしかないようです。

市場規模は300〜400億円程度とありますが、学習塾の市場規模は1兆円だそうです。
比べると家庭教師はかなり小さな市場です。

株式会社トライグループ(テレビのコマーシャルで流れてますね。)が、
当時その市場規模の過半数近くを占めている状況です。

その株式会社トライグループは2005年の時点でピーク時の売上高から
ほぼ半減しています。しかし、市場の規模自体は少しだけ減った程度なので、

これは、個別指導の塾の台頭や、特定商取引法の施行と、
それに伴った新しい勢力の市場獲得によるものと見られています。

段々と市場が小さくなってきている状況ですが、
この先も少子化の影響や個別指導塾との競争激化により、
さらに規模は小さくなっていくと思われます。
そのため、ここ数年では、新しく始めた会社より、潰れた会社の方が多くなっています。

当時西日本の地域で年商22億円を誇った大手の家庭教師センターの一つ
「家庭教師のファイト(株式会社ファイトグループ)」が潰れちゃいました。

また、既存の会社では、個別指導塾と一緒に運営したり、
インターネットを使ってのサービスとして、遠隔指導(eラーニング)
なんかの派生サービスが出来てきて、サービスを多様化にしていく会社が多くなっています。
インターネットやテレビ電話での授業なら、北海道でも東京でも沖縄でも、
勉強が可能になりますしね。
資金力のある上位の企業などでは、個別指導塾、遠隔指導のどちらか、
または両方のサービスを展開、運営していて、その多様化についてこれない会社が
なくなっていくものと見られています。


check




固定電話の番号をスマホで取得できます


固定電話番号をスマホで使いましょう






2019/9/12 更新

Copyright (C) 2008 家庭教師の選び方. All Rights Reserved.