家庭教師の
      選び方

塾向きか、家庭教師向きか?

 

メニュー

家庭教師とは
家庭教師の利用法
教師探しの手段
塾向きか、家庭教師向きか?
訪問販売法
お問い合わせ
 

塾向きか、家庭教師向きか?


・塾に向いているタイプの説明

学習塾や進学塾などの塾に向いている子供というのどのようのタイプでしょうか?

塾というのは受験の傾向とその対策や勉強をするうえでの効率的なテクニックを
教えてくれるところですので、基礎的な学力の向上、学校の予習・復習のためよりも、
基礎ができていて、更なる学力の向上を目的として通うのが一番適切だと思います。

普段でもまったく自分で勉強なんてしていない子供が、塾に通えばできるようになる、
という考えは甘いと考えください。確かに少なからずそういった子供もいるにはいるでしょうが、
そういう子供はごくわずかだと思います。

なぜならば、学習塾は、そのほとんどが1対多の集団学習です。
これは普段通っている学校と同じだと思うんです。
それならば塾に通う必要なんて無いのではないでしょうか?

小学校受験など、大事な試験を控えているのであれば、なおさらこれらのことを考えなければなりません。

■学習塾に向いていると思われる子供や、塾に通う上での適した目的の紹介

・自分の勉強のやり方を理解している

・自分で学習方法が考えることができる

・予習や復習がきちんと出来る

・自分から進んで勉強をするという「やる気」がある

・自分から進んで質問ができる

・得意な分野・科目の更なる向上のため

・受験の傾向と対策のため

・集団の中で競争意識を持たせるため

・同じ目的を持った仲間やライバルを見つけるため

上記のようなことが出来る子供や、または目的があるならば、
家庭教師を利用するよりも学習塾に向いていると思います。
特に、受験の対策という点でいえば、その情報の量は家庭教師をはるかに凌ぎます。
しかしその情報をきちんと自分で吸収することができなければ、
その情報に飲み込まれてしまって、勉強にも集中できなくなってしまい、
子供のやる気がなくなってしまうことになりかねません。

塾に通わせればなんとかなるだろう、というような安易な気持ちで子供を塾に通わせても、
その結果勉強する意思をさらに失くしてしまって、友達に会いに行く、
という間違った認識をしてしまうこと多いのです。

・家庭教師に向いているタイプ

家庭教師に向いている子供などは、
上記での学習塾に向いているタイプと反対のタイプと考えるといいでしょう。
自分で勉強ができない、やり方がわからない、といったタイプですね。

このタイプは、性格や年齢などの問題も大きく関わってきます。
内気な性格でたくさんの生徒の中だと、なかなか先生に質問ができない子供や
、思春期の、多感で不安定な時期の子供は、集団での授業の塾に通っても、
わからないことはわからないと言えなかったり、
疑問をそのまま解決できずにしたままにする傾向があります。

そして、おとなしくて内気な子供や、思春期の子供にとっては、
塾のような集団の人のなかに入れられることを嫌がることが多いと思います。

そういった子供たちが、家庭教師を利用するのに向いていると思います。
家庭教師と生徒は、ただ勉強を習う関係だけではなく、親身になって相談し合って
人間関係を築いていき、自分だけのアドバイザーとなってくれる関係だと思います。

自分だけの特別な存在というのは不安な子供たちにとっては
とても頼りになって心強い存在です。そういう人の教えというのはよく聞くものなんですよね。
皆さんにも思春期の時代に親の言葉よりも年齢の近い先輩の意見をよく聞いていた
という 経験があるのではないでしょうか?

何よりもまず信頼関係を気づくことが大切なのです。

■家庭教師を利用するのに向いている子供、利用するのに適した目的を紹介します。

・勉強そのもののやり方がよくわからない

・学習プランが自分で立てられない

・コミュニケーション能力の向上のため

・自宅で勉強をする習慣をつけるため

・基礎学力の向上のため

・学校や塾の予習や復習のため

・学校の定期テストの対策のため

家庭教師を利用するのに適した目的として、「基礎学力の向上」がありますが、
基礎学力とは勉強に対する姿勢であったり、取り組み方や考え方であったり、
勉強方法そのもののことです。「1日にどれくらい勉強するか」ということでは無くて、
「どのような勉強方法をやればいいのか」で基礎学力は大きく変わってきます。
一回の授業で基礎学力を学びきれるものではありません。
どういった勉強のやり方が自分には合っているのか、ということを教師と生徒で
じっくりマンツーマンで教えてくれる家庭教師こそ、基礎学力の向上に向いているといえるでしょう。

そういった意味では、小学生から中学生までは、家庭教師に向いているといえるでしょう。
まだ基礎学力が固まっていない時に、受験を経験して終えたばかりの学生に
学習の姿勢や勉強のコツやテクニックなどの勉強方法を教えてもらうことで、
大きく伸びる子供も少なくありません。そして、小さな頃に身に付けた勉強方法というのは、
子供にとっての一生の財産となると思います。

Valuable information

関内 貸事務所

最終更新日:2019/3/1

Copyright (C) 2008 家庭教師の選び方. All Rights Reserved.